サブリース契約のメリットとデメリット

サブリース契約のメリットとデメリット

サブリースは、管理業務などの委託をしたり空室があっても家賃保証などがあったりしますので、便利といえば便利なんですね。
しかし、あくまでサブリース契約というのは賃貸経営の初心者だったり、する人向けの物になっています。

賃貸経営とサブリース

サブリースは、賛否両論のあるシステムではあるのですが此方は所謂賃貸経営の素人などが、ある程度収入を安定させるということを目的に利用する物なんですね。
しかし、そのかわりに最高収入は下がってしまうという物になっていますので、既に賃貸経営のプロフェッショナルというか賃貸経営のノウハウを持っている人なんかは、あえて使わない人が多いんですね。
使うにしても、所謂サブリースではなく管理委託業務のみをしたりするくらいで、家賃保証などはしない、ということが多いのでそこを使う人が多いんですね。

なぜノウハウがある人は使わないのか

まず、賃貸経営のノウハウが有る人にとってはサブリースというのはそれ程メリットのある契約ではないからです。
サブリースは、たしかに空室があっても家賃が安定するためローン返済などが安定するなどのメリットがありますが、収入は減ってしまいますし、他にもたとえば敷金礼金更新料と言った収入になるような物もサブリース契約を結んでいると管理会社の物になってしまいますので、こちらもやはり収入が減ってしまうことにつながります。

どちらを取るのか

要は、収入の安定化を取るのかそれとも、最高収入などを期待して自分でやるのかということですね。
管理業務のみ委託する場合は、契約料もかなり少ないですし管理業務だけを任せる形になりますので、物件条件や賃料の設定などは自分で出来るので収入に繋げやすいです。

関連する記事

Comments are closed