サブリース契約をする会社の調査

サブリース契約をする会社の調査

賃貸経営は、特に昨今厳しくなってきているためサブリースなどの賃貸経営を取り巻く管理会社などの環境も中々厳しい物があるんですね。
そのためサブリースの契約を結ぶならばどこの会社と契約するかをきちんと考えなくてはいけません。

管理会社倒産のリスク

サブリースの契約をする際に気をつけなくてはいけないのは、その会社の営業状況などもちゃんと考えなくてはいけません。
賃貸経営を任せる事が出来るとは言え、そんな会社は沢山あって競争社会に負けてしまった管理会社がそのまま倒産してしまうこともあるんですね。
そうなれば、賃料支払は止まってしまうますし、本来はオーナーの収益になるための賃料や敷礼などのお金に収集済みの賃料の保全措置を取っていないとそのまま倒産した負債に当てられてしまって返ってこないというリスクもおいかねないです。

入念なチェックをしよう

管理会社、というのはいわば自分の価値ある固定資産を預ける非常に大事なパートナーになるんですね。
そのため、経営状況や財務体質、保全措置などのことも契約する前に必ず調査して入念なチェックをしなくてはいけません。
借り上げ賃料の高さだったり、借り上げ期間の長さや賃料保証率の高さなどだけで決定してしまうのは、非常に危険なんですね。
そのサブリース会社はどのような営業をするのかも必ず確認してください。

サブリースは上手に使おう

サブリースという制度自体は優れていても、結果的にそれを取り扱う会社がが良くなければ後悔するような結果につながってしまうということなんですね。
そうならないようにするためには、オーナーとして必ず責任を持って管理委託をするにしても、どのようなところに任せるかの判断をしましょう。

関連する記事

Comments are closed